美容

汗ダラダラの真夏におすすめの”日焼け止め”と”ベースメイク”

 

お読みいただきありがとうございます。

blue+greenです。

年子育児中の30代 アラフォーママです。

子供が小さいうちは公園遊びや外遊びが欠かせませんよね。

真夏の外遊びは最近、修行のようだ…と思います(笑)
立っているだけでも汗ダラダラなのに、子供を追いかけたり、一緒に遊んだり。
午前、午後の2回、外遊びに付き合っているママもいるのではないでしょうか?

大人になってからは、通勤以外で夏に長時間外にいることがなかったので、ある意味新鮮ですが、やはり修行としか思えません(笑)

今年は梅雨が長かったので、例年よりも夏は短そうですが、とは言え、汗が出る時期はまだまだ続きそうなので、紫外線対策は必須ですよね。

今日はそんな生活をしている子育てママにおすすめの日焼け止めとベースメイクそして、午前・午後の2回、外遊びする場合の日中のスキンケアをご紹介します。

吹き出す汗に対応するベースメイク

公園で子供と一緒に遊んだり、水遊びに付き合っていると、汗は吹き出るし、水で濡れるし……ということで、小さい子供の育児中のママの真夏のベースメイクは、汗や水で流れ落ちてしまうことを前提のベースメイクが必要です。

子供が生まれるまでは、真夏のメイクは崩れないメイクを目指していました。

でも、今の生活はあの頃と比べ、汗をかく量もかき続ける時間も全く違うので、目指すものも変わりました(笑)

大量の汗を長時間かいていると、ファンデーションをしっかりつけていると、どうしても汚く崩れてしまいます。。

そして、午前、午後の1日2回外遊びする場合は、塗り直しは必須!

それも踏まえて、肌負担の少ないアイテム選びが必要です。

色々試してみた結果、ポイントは以下です。

★ベースメイクは①日焼け止め⇒②BBクリームorCCクリームorファンデーションの重ねづけ(⇒パウダー)

★それぞれのアイテムはSPF、肌へのフィット感、肌負担を見極めて厳選!

★薄すぎず厚すぎずのせたうえで、とにかくしっかり馴染ませる!

★最後にのせるパウダーはつける場所を厳選!

詳しく解説していきますね。

真夏の日焼け止めの選び方

公園遊び、水遊びで汗を流し続ける場合の日焼け止め選びの場合、わたしは高SPFでテクスチャーは軽めのものを選ぶようにしています。

そして、肌にすっと馴染む肌なじみも大事。

春・秋・冬はSPFは気にせず、テクスチャーはこっくりで仕上がりはしっとりものもが好きですが、真夏は別です。

わたしが何度もリピートしている真夏用の日焼け止めは、キャメロン&ガブリエルヘヴンヴェールという日焼け止めです。

SPF45 PA++++なのに、みずみずしく、つけていることを忘れる使用感。
あっという間に肌に馴染むので、次にのせるアイテムの邪魔を一切しません。

つけたあとにすぐに手を洗いたい!とならない、きしまずべたつかない日焼け止めです。
界面活性剤フリー、ノンケミカルなのに、近赤外線・ブルーライトカット効果もある優れもの。

日焼け止めは効果を最大限にするために使う量も大事。

けちらずしっかり量を使い、かつしっかり肌になじませるように使っています。

もともとメイクアイテムを探すのが大好きなので、夏でヘヴンヴェールを使い切って、秋冬は他のものに浮気してしまうんですが(笑)、夏になると毎年戻ってきてしまうアイテムです。

子供たちの顔にもこちらを使っています。

真夏のBBクリーム・CCクリーム・ファンデの選び方

日焼け止めの選び方と似ているんですが、やはり高SPF、軽めのテクスチャー、肌へのフィット感を重視します。

塗るときは、汗で崩れても流れても、大惨事にならないように、日焼け止めの時以上にしっかり馴染ませることを意識します。

使っているアイテムのメインは2つ。

日焼け止めはヘヴンヴェールがかなりおすすめなんですが、ファンデ類は上の条件が揃っていればなんでもOKだと思っています^^

1つはSK-ⅡアトモスフィアCCクリーム

もう1つはLekaruka(レカルカ)BABYCELL BBクリームです。

レカルカの方がより肌にしっかりなじむので、メイクが流れるほど汗だくになることが予想されるときは、レカルカのBBクリームを選ぶことが多いです。

レカルカBBについてはこちらでも熱く語っています。

真夏のパウダー選びとのせ方

真夏以外はパウダーは使わないことが多いのですが、真夏は使っています。

のせる場所は、おでことフェイスライン。
ここにのせないと、髪の毛がはりついて気持ち悪くて(涙)

それ以外には極力のせません。(鼻がテカリすぎているときには少しだけのせることはあります)

結局は多量の汗をかいて、崩れることは防げないので、パウダーをしていない方が崩れ方がキレイだと思っています(もはや苦渋の選択・(笑))。

真夏のパウダーはやはりSPF入りのものがおススメです。

わたしが今、使っているのは、濱田マサルさんプロデュースのブランエトワールのプレストパウダー(昨年購入したもの)です。

2回目の公園遊びに向けてのスキンケア

午前中の公園遊びから帰ってきたあとは、子供たちのシャワーをして、お昼ごはんの準備をして食べさせて、お昼寝の寝かしつけ……と、時間に追われることがほとんどなので、とりあえずわたしは顔にミストをふっておいて、子供たちがお昼寝に入り、少し時間ができたときに、ふき取りクレンジングでさっとふき取ります

そして、冷蔵庫で冷やしておいたシートパックでパックし、最後にクリームを塗ります。

これをやっておくと、日焼けによるダメージも最小限で済み、汗でべとついた肌がさっぱり清潔になる気がして気に入っています。

そして、午後、2回目の公園遊びがあるときには再度ベースメイクをするし、ないときはお風呂に入って再度クレンジングからきちんとするようにしています。

終わりに

これだけ毎日日差しの中にいると、白肌を守りたい、とは思っていませんし、無理ですが、せめて顔への紫外線のダメージは最低限に留めたいもの。

全国のママさん方……熱中症に気を付けながら、残りの夏もがんばりましょうね!!

 

お読みいただきありがとうございました。