育児

3歳の子供の靴を長く愛用していたASICSからIFMEに変えてみました

 

お読みいただきありがとうございます。

 

blue+greenです。

 

4歳娘、3歳息子の年子育児中です。

3歳の息子は在胎24週のときに突然破水し、緊急帝王切開で約600gで生まれた超低出生体重児です。

成長がゆっくりで、歩き始めるのもゆっくり、歩行が安定するのも時間がかかったので、靴にも気を遣っていました。

娘の時はファーストシューズ、セカンドシューズはMIKIHOUSEを履かせていましたが、
その後はずっとASICSでした。(同時にニューバランスを持っているときもあったかな)

息子は最近までずっとASICSでしたが、入園に向けてIFMEに変えたところです。

子供たちが歩き始めから愛用していたASICSなので、今日はASICSで実際に履いてきた各シリーズの感想と、IFMEに変えた理由をまとめたいと思います。

今回の記事はかなり長文なので、目次から気になるところに飛んで読んでもらえれば、と思います。

子供の靴でASICSを選んだ理由

第一子の娘が赤ちゃんのとき、ファーストシューズ、セカンドシューズはMIKIHOUSEでしたが、本格的に歩き始めて次の靴をどうしようか、と考えたときに、どのメーカーがいいか悩んでいたので、フィッティングに行ってみました。

(今思うと、第一子だからこその時間的余裕ですね…。娘は数回フィッティングに行きましたが、息子は一度も行ったことないな。。息子の場合、不要不急の外出は避けるというコロナの影響もありますが…。)

その際に、勧められたのがASICSのスニーカーで、その後もリピートしていましたが、子供靴についていろいろ調べて購入した、という数人の知人もやはりASICS推しでした。

ASICSのホームページを見ると、子供の足のことが詳しく載っているのも信頼できるポイントでした。

私自身、成人してからですが足にトラブルを抱えてしまって(足底筋膜炎と中足骨頭痛)合う靴が少ないので、子供たちにはできれば足にトラブルなく生活していけるよう、合う靴を履く重要性は知っていってほしいな、と思っています。

ただ、ASICSの子供靴は16.0cmより大きくなると、色・デザインのバリエーションが少ないのは難点だと思っています。
コラボ商品はとっても可愛いんですが、売り切れるのが早い…。
(ニューバランスの方が色展開が圧倒的に豊富)

ASICSのベビーシューズ、キッズシューズはスクスクシリーズになりますが、その中でも4つの種類があります。

ファブレファーストシリーズ、コルセアシリーズ、アイダホシリーズ、GD.RUNNERシリーズです。

子供たちが履いていたのコルセアシリーズを除く3つです。

ASICSスクスク 実際に履いてきた各シリーズの感想

ファブレFIRSTシリーズ

ファーストシューズの後に息子用に選んだのがこちらのシリーズです。
息子のASICSデビューはファブレFIRSTシリーズでした。

この後に出てくるGD.RUNNERのBABYバージョンといった印象で、デザインも同じものが多いです。
ミドルカットで足首の安定性に優れているので、歩行が不安定な息子にはぴったりの1足だったので、GD.RUNNERと合わせて上の無地のデザインを3足リピートしました。

(ファブレファーストが1足、GD.RUNNERが2足)

ファブレファーストシリーズは、つま先を大きく巻きあげて、つま先が引っかかりにくいように、そして外底にも工夫がされており、赤ちゃんの安定しない歩行でもつまづきにくいように作られています。

息子はネイビー2足、グレー1足を履いていましたが、汚れが目立ちにくいのは断然ネイビーです。
グレーは色味はとっても可愛くて、何の服にも合うのですが、お砂場にいくといっきに汚れます(汗)

息子の3足のうちの1足は盗難にあったこともあります…(涙)
記名もしていましたが、病院内のプレイスペースで脱いだ後になくなってしまったのも……今では思い出です(苦笑)

 

こちらのデザインもとっても可愛い♡

後述しますが、娘がこのデザインのホワイト×ゴールドの大きいサイズを履いていて、息子用にもお下がりでとってあったので、息子は上のデザインにしましたが、女の子ならこのホワイト×ピンクもとってもかわいいだろうな、と思っていました。

アイダホシリーズ(BABY・MINI)

アイダホBABY(~15.5cm)

娘のセカンドシューズの次はこちらで、娘のASICSデビューはアイダホBABYシリーズです。

娘の場合は、息子と違い、既に歩行が安定していたのと、むっちりちゃんで足首が結構太かったので、足首固定ができるミドルカットでなくてもいいかな、と思い、ローカットのこちらを選びました。

アイダホシリーズはかかとの安定性を重視し、かかとを包み込む立体的な中敷きを採用しています。また、踏ん張りやすいのも特徴です。

息子は娘のお下がりで最近、こちらも履くようになりました。

ASICSのベビーシューズ、キッズシューズ全般に言えることですが、人気があるため在庫がないところも多く、色・サイズ・価格、ぴったりくるものを探すためにあちこちのショップを確認する必要があるかもしれません(汗)

アイダホMINI(16.0~)|

アイダホシリーズと言えば2本ベルト、と思っていましたが、最近は1本ベルトのものも出てきていて、時々出るディズニーコラボはとっても可愛いのですが、わたしの場合、気づいた時には売り切れていることが多いのです(涙)

娘が何度もリピートした2本ベルトのアイダホMINI。
無地のものも柄のものもあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

asics アシックス すくすく スクスク キッズ ジュニア シューズ アイダホ MINI CT 3 [ TUM187 ] SUKUSUKU 運動靴 子供靴 男の子 女の子 スニーカー)
価格:4346円(税込、送料別) (2021/4/7時点)

この花柄が可愛くて、何度か娘に勧めましたが毎回断られて、自分が好きな色柄を選んでいました(苦笑)
可愛いんだけどなぁ…

娘は2本ベルトより1本ベルトが好きだそうです。
2本ベルトの方がしっかり固定できる感じますが、幼稚園年少さんの後半くらいになってくると、早く靴を履けるほうが良いみたいです。
(気持ちはわからなくはない)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

☆アシックス シューズ すくすく キッズ ジュニア アイダホ MINI KT-ES 2 1本ベルト カジュアル お出かけ 1144A083 asics スニーカー 子供靴 あす楽 送料無料
価格:4258円(税込、送料無料) (2021/4/7時点)

このピンクを買ったら、気に入ってこればかり履くように…。薄いピンクなので汚れが目立つのですが、これがいい!とかなり粘って履いていました。幼稚園で毎日お砂遊びをしてくるので、洗っても洗ってもピンクがキレイに保たれることはなかったな…(苦笑)

GD.RUNNERシリーズ

上のファブレファーストでも書きましたが、娘用に1足、息子用に2足購入したシリーズです。

ミドルカットで足首の安定性に優れているので、歩行が不安定な子にはおすすめの一足です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

asics アシックス すくすく スクスク キッズ ジュニア シューズ GD.RUNNER BABY MS-MID [ TUB127 ] SUKUSUKU (運動靴 子供靴 男の子 女の子 スニーカー)
価格:4346円(税込、送料別) (2021/4/7時点)

息子はネイビーとグレーを履きましたが、お砂遊びをよくする子にはネイビーがおススメかな。
オシャレなのはグレーかも。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

asics アシックス スクスク(SUKUSUKU) キッズ ジュニア シューズ GD.RUNNERBABY SL-MID [ 1144A004 ] すくすく 運動靴 スニーカー(運動靴 子供靴 男の子 女の子 スニーカー)
価格:4780円(税込、送料別) (2021/4/7時点)

娘が愛用していたのはホワイト×ゴールド。
とっても可愛い1足で、娘が履いていた靴の中でも印象に残っています。

息子の靴をASICSからIFMEに変えた理由

長く愛用していたのでASICS靴の話が思っていた以上に長くなってしまいましたが(汗)、ではなぜ今回、IFMEに変えたか、というと、簡単に言うと、

手先が器用でない息子が一人で着脱練習するのにはASICSよりIFMEの方が脱ぎやすい&履きやすいから

です。

娘の時は、なんとなく練習させていたらあっという間に一人で靴を履けるようになり、2本ベルトのアイダホでもGD.RUNNERでも、どんな靴でも問題ありませんでした。

息子の場合は、脱ぐことはできるようになりましたが、一人で履けるようになるにはまだ少し時間がかかりそう。

少しでも本人が履きやすそうなものを、と選んだのがIFMEだったのです。

ASICSとIFMEの違い

あくまでもわたしが感じたものですが、

✓ IFMEは幅広足に◎
→息子は幅広足です。娘の方が体格は圧倒的に良いのですが、足は息子の方が幅広足。
本人にASICSかIFMEを選ばせると、必ずIFMEを選ぶので、本人も好きなようです。

✓ 履かせやすさもIFMEの方が◎
→息子は履くときに抵抗するわけではありませんが、特別協力的なわけでもなく、そんな中で履かせるときは、ガバっと開くIFMEはとても履かせやすいです。

✓ 履き口の後ろ部分に大きめの輪っかがついている
→ASICSにも履き口の後ろ部分に指をひっかける場所はあるんです。でも、不器用な息子はそこに指を入れられない…(汗)IFMEは輪っかの紐が細めで、しかも大きめなので、不器用な息子でもそこに指を入れることができます。

そんなわけで、本人も履きやすく、履かせるときも履かせやすい、ということでIFMEにしてみたのでした

(入園してから、先生に履かせていただくことになるはずなので、少しでも履かせやすいものを…と思ったのも大きいです。)

実際に購入したIFME

IFMEはコラボ商品が時々あるのも魅力ですね。

娘にはブランシェスとのコラボを買って、とても可愛くて大満足でしたが、息子には鉄道コラボにしました。

これはD51コラボのものですが、ブラック×ゴールドがかっこよくて気に入っています。

黒なのでセレモニーにも良さそう。

ただ、どのお店も品薄です…(汗)

サイズアップでブルーも購入してあるので、この2足で自分で靴を履けるようになってほしいな…!

コロナが落ち着いたら、息子の足のフィッティングも一度行ってみたいと思っています。

 

長文をお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村