育児

【ケッターサイクル】子供用自転車のおすすめはこれ!キックバイク→自転車で補助輪いらず

 

お読みいただきありがとうございます。

blue+greenです。

5歳&3歳の年子育児中のアラフォーママです。

 

子供が2歳くらいになると、そろそろ買おうかな、と検討し始めるのが三輪車やストライダーなどのキックバイクではないでしょうか。

我が家も上の子が2歳を過ぎたあたりからかなり吟味して購入したつもりだったのですが、5歳になり自転車に乗るようになって強く思った、あれを買っておけばよかった!があります。

お友達と遊んでいると、みんな様々なキックバイクや三輪車を持っていて、貸し借りをすることもあるのですが、2歳過ぎ~3歳から5歳までの約2年間、様々なものを見てきて、もし、今から買うならこれ、と思うのは、ケッターサイクルです。

今、下の子に検討していて、恐らく購入することになりそうですが、今日は、現時点では我が家が持っているわけではないですが、惚れこんでしまったケッターサイクルについて、そして今まで見てきたその他のキックバイクについて、書いていきたいと思います。

(あくまでも主観になりますが、お付き合いいただける方はお付き合いくださいませ)

購入したのはへんしんサンライダー/野中製作所

我が家は上の子が乗り物の遊具に興味を持つのが遅かったため、周りに比べてデビューが遅かったこともあり、悩んだ末にへんしんサンライダーを購入しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

野中製作所 へんしん!サンライダーFC(1台)【野中製作所】
価格:11779円(税込、送料別) (2021/10/10時点)

 

へんしんサンライダーにした理由が、娘がキックバイクを怖がっていたので、キックバイクではなくまずは三輪車が良さそう、と思い、手押し棒付き三輪車→三輪車→キックバイクの三段階で使うことができる、という点でした。

三輪車として確かに活躍しましたが、その期間はそんなに長くなく、その後の様子を見ていると、三輪車→キックバイクとしてより、キックバイク→ペダル付き自転車に変化するものの方がより長く使え、また一人で自転車に乗れるようになるのもスムーズだ、ということを周りのお友達を見ていて思ったのでした。

キックバイク→ペダル付きバイクになる魅力

ペダルを取り付けられるキックバイクはいくつか販売されていますが、共通して言える一番の魅力は、軽さ小回りのきくサイズ感だと思います。

キックバイクから16インチや18インチの補助輪付き自転車にステップアップし、その後、補助輪を外す練習をする際、ネックの1つとして自転車の重さに慣れず、バランスがとりにくいことが挙げられると思います。

ペダル付きキックバイクの場合、軽量なので、重さでハンドルを取られることが少なく、実際に周りのお友達と娘を見ていると、ケッターサイクルを貸してもらい、ケッターサイクルでまずバランスの取り方を覚え、乗れるようになったことで、18インチの自転車もスムーズに乗れるようになった、ということがありました。

 

ある程度キックバイクをしていた子は、ペダル付きのケッターサイクルで乗れるようになるのがあっという間だ、ということにも驚きました。

娘の場合は、10分でケッターサイクルを乗れるようになっていました。

(決して運動神経が良いほうではなく、スピードを出すのが怖い、という怖がりタイプです)

逆を言うと、ケッターサイクルでの練習がなければ、補助輪なし自転車に乗れるようになるまではまだまだ時間がかかったと思います。

ケッターサイクルでの練習を挟んだおかげで、補助輪なし自転車を支えての練習がかなり短時間になり、わたしの腰は大助かりでした(笑)

へんしんバイクかストライダー14xかケッターサイクルか

ケッターサイクル推しなのはもうお分かりだと思いますが(汗)、なぜケッターサイクルなのかを書いていきたいと思います。

ペダル付きバイクで外せない条件2つ

ブレーキ付き

自転車にスムーズに移行することを考えると、ブレーキ付きが良いと思っていて、これに関しては、3つともすべて満たしています。

スタンド付き

これもわたしとしては外せないポイント。

ついていたほうが絶対に便利、ついていないと少し不便だと思います。

ケッターサイクルは初めからついていて、ストライダーは別売りですが販売あり、へんしんバイクはついておらず、ただネットで検索すると、つけることはできるようです(多分…)。

価格

ケッターサイクルの定価がわかりませんが、販売価格を見ていると、安い順に並べて

ケッターサイクル < へんしんバイク << ストライダー14x で

ストライダーはこの中では群を抜いて高額です。

別売りのスタンド。

 

へんしんバイクは、現在、へんしんバイク2として販売されていて、価格は22,000円です。

サイズ・デザイン・販売場所

3歳前後で購入を考えるキックバイクの場合、12インチか14インチだと思いますが、ケッターサイクルの場合、12インチの場合、色展開はホワイトのみです。

色展開が豊富なのはストライダーで、デザインもスポーティーでかっこよい感じ。

へんしんバイクのスタイリッシュな感じも素敵ですが、わたしが一番好きなデザインは、ケッターサイクルのホワイトです。

販売場所で特徴的なのはへんしんバイクでしょうか。

Amazon、楽天、ヤフーなどでは販売がされていませんが(ストライダーとケッターサイクルは購入できます)、実際に店舗で試乗して購入、という場合には問題ないですね。

12インチは何歳まで乗れるのか

最後に12インチのケッターサイクルを例に、何歳まで乗れるのか、ということを触れておきたいと思います。

その子の体格、そして使い方で差が出る部分だと思いますが、もし、今後、下の息子に購入した場合は幼稚園いっぱい乗ってもらおうかな、と思っています。

現在、5歳の娘はクラスで後ろから数番目と大きめ&どっしりしていますが、現時点で12インチがジャストで乗れて快適そうですし、来年も乗れると思います。

我が家は自転車で習い事に行く、ということはまだ全く想定しておらず、自転車に乗るのは遊びの一環なので、小回りの効くケッターサイクルが活躍する環境です。

逆に、移動に自転車を使う場合は、早々に普通の自転車に切り替えた方が便利ですよね。

 

 

今日はケッターサイクルを中心にペダル付きキックバイクについて書きました。

お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村