買いもの・購入品

【鉄プライパン】焦げつかず手入れも簡単!リバーライト極のレビュー・口コミ

 

お読みいただきありがとうございます。

blue+greenです。

3歳・5歳の年子育児中のアラフォーママです。

我が家は4人家族ですが、わたしも含めてみんなとてもよく食べます。

ごはんを作るときは、大人4人分、と思いながら毎食作っています(汗)

長年愛用している食器についてはこちら。

食事作りで1日に何度使うか分からないフライパンですが、今までずっとお手軽価格のてフロン加工やダイヤモンドコートのものを消耗品、と思って1年に1回程度、買い替えながら使ってきました。

最近、使っていたのはこちらのフライパンです。
セットで購入したり、単品で26cm、20cm、卵焼き用を購入することもありました。

 

ほぼ毎年買い替えているうちに、鉄のフライパンなら買い替えずにずっと使っていけるらしい、ということを知り、気になったのですが、調べてみるとメリットだけでなくデメリットも多い気がして、なかなか踏み出せないこと1年以上。

1年以上経っても気になるので、それならチャレンジしてみよう!とついに購入、使い始めて、一言で感想を言うならば、もっと早く買えばよかった!と思うくらい気に入っています。

今日は購入までに気になっていた点、実際に使い始めて行っている手入れ方法や焦げつきなどの使用感、わたしが使っているリバーライト極、という鉄フライパンについて書いていこうと思います。

鉄フライパンを使ってみようか悩んでいる方の参考になると嬉しいです☺︎

購入前に懸念していたデメリットと実際に使った感想

鉄フライパンは上手に使えば、買い替えることなく一生使うことができる、けれど扱いかたやお手入れが大変、というデメリットが大きいイメージでした。

まずは、考えていたデメリットと実際に使ってみた感想を書いていきたいと思います。

購入前に心配だったデメリットは以下です。

  1. 手入れが大変(油ならし・油かえしなど)
  2. 焦げつくらしい
  3. 料理が出来上がったら、すぐに移し替えないといけない(面倒かも…)
  4. 油を大量に使うのではないか(油の酸化も気になる)
  5. フライパン自体の重量
  6. フライパンの保管方法

特に①と②はかなり心配で、頻繁に使うフライパンなのに手入れが大変で焦げつくのは無理…と思っていて、購入までに1年以上かかった大きな理由です。

そして、いざ買おうか、と思って心配になったのが③〜⑤でしょうか。

この後、後述していきますが、これらいずれも全く問題なしでした(驚)

購入したのはリバーライト極シリーズ

購入した鉄フライパンは2つで、リバーライト極の28cmと22cmです。

いずれも深型ではなくフライパンタイプにしました。

取扱ショップはいくつかありますが、わたしが利用したのは楽天のキッチン雑貨shopガンバレ奥さんというショップで、決め手は取扱説明書銅製たわしの特典でした。
(あとは柄の色が選べることと、使うことはなさそう、と思いつつも保証期間があること)

こちらが28cm

 

こちらが22cmです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鉄フライパン 22cm 当店オリジナル リバーライト 極 JAPAN ガス・IH対応【名入れ可能】
価格:5830円(税込、送料無料) (2021/12/22時点)

楽天で購入

 

 

他のショップでは、特典がなく、もっと安いショップもあったのですが、鉄フライパン初心者としてはわかりやすい取扱説明書は絶対必要だと思ったのと、お手入れしやすくなる、という銅製のたわしが欲しくてこちらのショップを選んだのですが、初心者のわたしにはぴったりだったと思っています。

でも、鉄のフライパンに慣れている方、取り扱い方を知っている方は、特典なしの別ショップがお得だと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リバーライト 極 JAPAN(ジャパン) フライパン22cm
価格:4664円(税込、送料別) (2021/12/22時点)

楽天で購入

 

 

手入れは油ポットなしでできています

最も心配だったことの1つのお手入れですが、面倒くさがりでズボラなわたしでも全く問題なくできています。

わたしが実際にしていることを書いていきます。

あくまでも個人の体験談の1つとして読んでいただければと思います。

油ならし

フライパンを使い始めるときの油ならしですが、取扱説明書にも詳しく書かれています。

わたしは最初の料理に唐揚げをすることにし、今までは揚げ焼き派でしたが、このときは油の量はしっかりめに使いました。

28cmのフライパンで鶏肉、レンコン、ナスを揚げた後、その油を22cmのフライパンに移し、一緒に油ならしをしました。

油返し

説明書に載っている、毎回使う前の準備=油返し。

しっかり温めたフライパンにお玉一杯ほどの油を入れて、フライパンの肌に油をなじませ、油が十分なじんだら、油をオイルポットに戻す、という作業なのですが、わたしはこれはやっていません。

油ポットを持ちたくないのが理由で、その代わりに、使い終わったフライパンに油を薄く塗っておくようにしていますが、今のところ問題なく使えています。

焦げつきはほとんど気にならない

お手入れと同じくらい心配していた焦げつきですが、こちらも拍子抜けするくらい大丈夫です。

新品のテフロンのフライパンのように、全く焦げつく心配なし、とまではいきませんが、使い古したテフロンのフライパンで最近焦げつくわ〜、というほどは焦げつかない、と言いましょうか。(わかりにくいですかね?笑)

ポイントは

  1. しっかりフライパンを温めること
  2. 油を適量使うこと(多量ではない)
  3. 食材入れた直後に動かさないこと

だと思います。

これは、事前に調べているときもよく言われていたことなのですが、本当にその通りだな、と思っています。

既に、野菜炒め、チャーハン、卵焼き、目玉焼き、パンケーキ、麻婆豆腐、八宝菜…など色々と作っていますが、困ることなく作れていますが、近々、餃子を作ってみるつもりでそれは少しドキドキしています。

鉄フライパンの洗い方

鉄のフライパンで料理する場合、完成したお料理はすぐにお皿に移すのが大切なポイントです。

これには理由があり、1つは料理を入れたままにすると、フライパンの鉄分が料理に多く入りすぎて臭くなってしまいます。

先日、スパゲティを作っているときに、先に具材をフライパンで炒めてミートソースを絡めて出来上がる直前に、隣のコンロで麺を茹で始め、その間、フライパンは火を消して置いておいたのですが、その間の10分しないくらいの時間でも若干の鉄臭さを感じました。

そして、もう1つの理由は、料理を入れたままにすることで料理の塩分や酸などがフライパンの肌をダメにしてしまう(穴が開くこともあるそう)ということです。

つまり、料理をフライパン内に置いておくことは料理にとってもフライパンにとってもNG、ということです。

今まではフライパンに出来上がった料理を置いておくこともあったので、めんどくさいかな?と多少心配していましたが、やってみると全然問題ありませんでした。

洗い方は洗剤は使わずに、フライパンが熱いうちにタワシなどを使ってお湯で洗います

特典でいただいた銅タワシが大活躍で、こびりつきや多少の焦げもあっさり取れます。

☟その後、こちらでまとめ買いしました。

☟こちらもお得なので、次はこちらにしようかな、と思っています。

焦げやこびりつきが少ないときには、竹のササラ(シュロたわしが便利です。

どちらもよく水を切ったあとは、ぶら下げています。

料理→洗う→お手入れの流れ

ここまで手入れのこと、洗い方などを書いてきましたが、一連の流れをまとめるとこんな感じになります。

  1. フライパンをしっかり温めてから油を入れ料理する
  2. 出来上がったらすぐにお皿に移す
  3. フライパンはそのまま流しへ→お湯と銅たわし or スポンジで洗う
  4. タオルでさっと拭き取る→そのままコンロで火にかけ水分を飛ばす
  5. キッチンペーパーで油を薄く塗る

 

使う油と油の酸化について

油は今までコールドプレス(低温圧搾製法)のオリーブオイルを使ってきましたが、鉄フライパンを使い始めることで、今までより多少ですが油を使う量が増えたので、久しぶりにココナッツオイルも使っていて、料理内容と気分でなんとなく使い分けています。

ココウェルのココナッツオイルは無臭で使いやすいです。

 

多少心配していた油の酸化についてですが、こちらは正直わかりません(汗)

ですが、鉄のフライパンにしても使う油の量は少し増えたかな?くらいで、思ったほどの増え方ではないので、今のところ気にしないようにしよう、と思っています。

酸化、という点では、上記のお手入れで書いた、フライパンの使用後にココナッツオイルを薄く塗っている点が気になりますが、今後使っていくうちにそれも不要になるかもしれないので現在は目をつぶっている点です。

フライパンの重量と保管方法

フライパンのサイズについては後ほど触れますが、リバーライトの28cmのフライパンタイプだと重量は約1300gです。

普段料理をしていてあおることがないこともあり、問題なく使えています。

料理が出来上がって、1つのお皿に盛る分には余裕ですが、何皿かのお皿に分ける際はずっと持ち続けているのが辛くて一度コンロに置くことがある、そんな感じの重さです。

そして保管方法ですが、今までは取っ手が取れるフライパンを使っていたので、コンロ下の収納に無印良品のファイルボックスに立てて収納していました。

 

現在は使用後に油を薄く塗っていることもあり、しまうより出しておきたい気分、ということもあって初めての壁掛け収納にチャレンジしています。

フライパンの壁掛け収納

こんな感じでコンロの後ろの壁にマグネットフックをつけて掛けています。

見せない収納が好みなので、この状態が好みか、と言われると微妙なのですが、使い勝手は良いです。

フライパンの下部分の黄色いものはマスキングテープで傷予防をしています。

【追記】
28cmのフライパンは重みで落ちてしまうことがあり、これ以上のマグネットフックを見つけられなかったので、28cmフライパンは後日、引き出し内収納に変更しました。

使い始めたらデメリットとして残ったものはない

ここまで書いてきて思ったのは、購入前は心配していたデメリットですが、実際に使ってみたところ、現在もデメリットとして残るものはないな、ということに驚きました。

キッチンツールはステンレス製がおすすめ

強いて挙げるといえば、今まではコーティングを傷つけないようにシリコン製のキッチンツールが大活躍でしたが、鉄フライパンの場合、シリコン製のキッチンツールは不向きかなと思い、ステンレス製のフライ返しやおたまなどのを買い足したことくらいでしょうか。

ステンレス製だと、こびりついたものや焦げをがしがし擦れるので、洗い物がますます楽になっておススメです☺

傷つけることを気にせず使えるってストレスフリーだな、と実感しています。

 

長々と書いてきましたが、これでようやくメリットにたどり着けます(笑)

鉄フライパンのメリット

コーティングが剥がれる心配がない

テフロンなどでコーティングされたフライパンを長年使ってきて、1年ほどで焦げ付き始める様子を見ると、このコーティングが剥がれたもののいくらかは身体の中に入っているんだろうな、と思うわけです。

わたしは長年それで生きてきたわけで、それによる健康の影響を現在感じているわけではないですし、未知の部分ではありますが、よく食べる子供たちのことを考えると、不確かなもので摂取しなくて済むなら、そうできるに越したことはない、と思ったのも、鉄フライパンに踏み切った大きな理由の1つです。

グリーンパンか鉄フライパンか

コーティングされたフライパンで安心して使えそうなものに、グリーンパンがあり、グリーンパンにしようか鉄フライパンにしようか、すごく悩んだ時期がありました。

グリーンパンは鉄フライパンと同じくらい、もしくはそれ以上に高価なフライパンですが、コーティングされているので、いずれは買い替えないといけません。

我が家の使用頻度だと1年以上2年未満なのかな、と予想したのですが、そうなると金銭的には結構辛いところ。

今まで鉄フライパンはそんなに扱いにくくない、ということを書いていましたが、コーティングされたフライパンと比べるとやはり勝てません。

なので、グリーンパンの買い替えも躊躇なくできる、という状態だったら、グリーンパンも持つだろうな、と思います。

買い替える必要がないという素晴らしさ

既に前述した通り、今後買い替える必要がない(基本的には)、という点は素晴らしいメリットです。

1年に1回、使い古したフライパン3つ(大きめ、小さめ、卵焼き器)を捨てる必要がなくなる、というのは地球環境的にも良いことですよね。

料理自体が美味しく仕上がる

鉄フライパンについてリサーチしているときに、料理が美味しくなる、という口コミを何度も目にし、半信半疑な部分もあったのですが、野菜やお肉を炒める際に、これはすごくよくわかりました。

コーティングのフライパンで作っていた時のような水分が出てこないので、シャキッと仕上がるんです♡

何気なく小松菜を炒めたときに、水分が全く出てこずに炒められて感動しました。

この水分に関しては、弱火でじっくり炒めても同様なのも驚きです。

コンロは同じ=火力は同じなので、これは鉄フライパンの熱伝導率が高いためですよね。

時々、チャーハンを作ってくれる夫も、パラっと美味しく作れることから、「鉄のフライパンすごいんだけど!」と大絶賛で、以前より料理してくれる頻度が上がりました(笑)

鉄分に期待

鉄製の調理器具を使うと鉄分不足の解消が期待できる、と言われていますよね。

我が家には鉄玉子もあり、思い出したときに使っています。
(もらった当初はよく使っていましたが、最近は忘れることも多々…)

我が家はわたしも子供たちもレバーが大好き、というわけではありませんが、1,2週に1回は食べるようにしているので、鉄不足を感じたことはありませんが、鉄のフライパンを使うことで、より良い効果があればいいな、と期待してメリットに挙げています。

我が家の鉄玉子は普通のタイプですが、今はドラえもんやすみっこぐらしの形など、可愛いものもあるんですよね♡

 

フライパンのサイズについて

最後に、フライパンのサイズについて書こうと思います。

サイズとフライパンタイプ(浅型)か炒め鍋タイプ(深型)かはかなり悩みました。

悩んだ結果、上にも書いた通り、フライパンタイプの28cmと22cmを購入したのですが、炒め鍋タイプなら26cmと20cmにしようかな、と思っていました。

元々、深型タイプのフライパンが好きで、今までも深型を使うことが多かったのですが、今回は底面の大きさと浅型が好きな夫の好みも考慮して浅型にしました。

特に、小さいサイズは卵焼きも焼きたかったので、こちらはまず浅型のフライパンタイプにしよう、と決めたのでした。

28cmのフライパンはしっかり4人分の食事を作るのにちょうど良い感じです、

28cmの重さでちょうど(=限界ではない感じ)なので30cmだと普段使いには重く感じたかもしれません。

個人的に、フライパン(浅型)タイプだと28cmと22cmにして大正解だった、と思っています☺︎

鉄フライパンにして後悔することは1つもなし

鉄フライパンを使い始めて、コーティングが剥げ始めていたフライパンは全て処分しましたが、今のところ、鉄フライパンにして後悔することは全くなく、購入してよかった、むしろ子供たちがご飯を食べ始めるタイミングに使い始めたかった、と思っています。

今後、さらに使い込んでいって感じることがあれば追記したいと思います。

鉄フライパンはおすすめです♡

買ってよかった調理器具についてこちらにも書いていますので、興味がありましたら読んでみてください。

 

お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村